風俗営業は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律、略して「風営法」によって規定されています。その風営法は平成28年の改正によって大きく変わりました。それを踏まえて風俗営業の法的な定義について触れていきます。

風俗営業の種類

風俗営業の種類は現在5つに分けて定義されています。

  • 第1号営業:料理店、社交飲食店、キャバレー、スナック等の客を「接待」して「遊興または飲食」させる営業。
  • 第2号営業:低照度飲食店 喫茶店、バー等設備を設け「飲食」を提供する営業のうち、営業所内の照度が10ルクス以下のもの。
  • 第3号営業:区画席飲食店 喫茶店、バー等設備を設け「飲食」を提供する営業のうち、他から見通すことが困難で、かつ広さが5平方メートル以下の客席を設けているもの。
  • 第4号営業:マージャン、パチンコその他設備を設けて客に射幸心をそそる恐れのある遊戯をさせる営業。
  • 第5号営業:ゲームセンター、ダーツバー等のスロットマシン、テレビゲーム機その他の遊戯設備で、本来の用途以外の用途として射幸心をそそる恐れのある遊戯に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る)を備える店舗、その他これに類する区画された施設において当該遊戯設備により客に遊戯をさせる営業。

また今回の改正により「特定遊興飲食店営業」に該当するものは、別途許可が必要になりました。簡単にいうと、深夜0時以降の時間帯に営業をし、酒類を提供し、かつ客に「遊興」をさせる営業が該当します。特定遊興飲食店営業の許可条件は非常に厳しいものとなっています。